マンションでの水漏れと修理の対応

マンションでの水漏れと修理の対応 マンションではキッチンやトイレ、お風呂、給湯器 水漏れのトラブルが起こると自分の部屋だけでなく下の部屋に被害が及ぶ可能性があります。程度が軽い状況であったとしても、被害がさらに拡大しないよう迅速な対処が必要となります。水漏れの原因もいろいろとあるので修理の方法も対応方法も状況によって違ってきます。自身での対応が難しいことも多く、業者に依頼する場合は自身の部屋での状況、階下の部屋の状況をきちんと把握して考えられる水漏れの原因と被害状況を伝えられると良いでしょう。原因が分からない場合にも、できるだけ早く相談することが重要です。

■マンションでの水漏れの原因はさまざま

マンションで水漏れが起こる原因はいろいろなものがあります。すぐに原因が見つかるものとして人為的なものがあります。洗濯機のホースが外れてしまったり、キッチンの排水溝に油を流したことで詰まったり、トイレにティッシュを流しすぎたりといったことが人為的な原因となります。
こういった人為的なトラブルは原因がわかっているので自分で解決できることもありますし、業者を呼ぶ際にも現状を正しく伝えすぐに対処してもらえます。そのためすぐに対応できて解決も早いです。
それに対して排水管が老朽化していたり、建設当初からの不具合で水漏れが起こったりというような目に見えない部分のトラブルが原因のこともあります。特に共用部分でトラブルが起こってしまっている場合には気付くのも遅いですし、修理も個人では対応できないものもあります。

■水漏れが起きたらどうやって対処するか
自分が住んでいる部屋で水が漏れ始めたらまずは応急処置で水を止めることが必要です。被害を広げないためにも止水栓を止めて原因が何かを突き止めるようにします。
ただ、止水栓を止めると水が漏れてこなくなりますが、あくまでも応急処置であり修理ができたわけではありません。修理についてはどうやって進めていくのかを考える必要があります。
自分で部品を購入して修理ができるものであっても、賃貸物件の場合には自分で修理することは避けた方が良いでしょう。賃貸物件の管理組合や大家さんに連絡をして、いつも作業をしてもらっている業者に連絡をしてもらいます。

■下の部屋に被害が出ている場合にはどのように対応するか

自分の部屋だけでなく下の部屋まで被害が及んだ場合、自分たちの人為的なミスによって起こった水漏れは責任をとることが求められます。共用部分やマンションのトラブルの場合にはマンションの管理組合が対応してくれます。
個人が原因の場合には損害賠償を請求されることもあり、被害の状況によっても違いますが、場合によっては高額を支払わなければならないこともあります。部屋の天井にシミができるだけでなく家財まで壊れることもありますし、床やフローリングの修理まで必要となることもあるので、金額は被害によって変わってきます。
火災保険に加入しており個人賠償責任の特約に加入していれば保険である程度の金額が支払えます。マンションによっては火災保険に全員加入している場合もありますが、加入が義務付けられていない場合には加入しておく方が安心です。いざという時に自分のためにはもちろん、他人に迷惑を掛けないためにも役立ちます。

■まとめ
マンションのような集合住宅で水漏れが起こった場合には自分で勝手に修理できるものとできないものがあります。特に賃貸物件の場合には必ず管理会社や大家さんに問い合わせをして対処してもらうことになります。個人の人為的な原因の場合と共有部分でのトラブルによっても対処方法は変わってくるので、状況によって対処方法を考えるようにしましょう。
また、自分だけでなく下の階の人へ被害が及んだ場合にはその人たちへの対応が必要になることもあります。その際、火災保険に加入しているかどうか、そして加入している内容によっては補償を受けられることもあります。分譲マンションに住んでいる場合には万が一の時のためにも火災保険に入っておき水漏れについても補償が受けられるようにしておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース